このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 學園?大學案內
  3. 學園広報
  4. トピックス一覧
  5. 【0-100プロジェクト】「わが事業所のBCPをつくろう」第2回研修會を開催しました
學園?大學案內

トピックス

【0-100プロジェクト】「わが事業所のBCPをつくろう」第2回研修會を開催しました

2021年11月15日

 新型コロナウイルス感染癥発生時?自然災害発生時の2種類BCPを作成することに取り組む「福祉施設等のBCP、減災ネットワークの取り組み研究會」では、災害時の被害を最小限に抑えるための減災のつながりを位置づけています。
 特に自然災害における「他施設との連攜」や「地域との連攜」などの地域丸ごとの事業継続構築を目指し、第1回に引き続き、以下の通り第2回が実施されました。

「わが事業所のBCPをつくろう」第2回研修會

日時:2021年11月4日(木) 18:00~20:00
會場:知多市市民活動センター(兼 Zoom)

參加者は事務局、教員を含め會場が20人、オンライン參加が14人、計34人に継続してご參加いただきました。

 研修會では冒頭、本學、山本克彥教授よりBCP完成(タスクゴール)に向け、事業所スタッフの意識の変化(プロセスゴール)への期待。さらに、作成を通して事業所組織だけでなく、地域資源との協働?連攜の関係構築(リレーションシップ)へとつながることの重要性を再確認しました。また、前回の事後アンケートに寄せられた質問「BCP(事業継続計畫)と防災計畫(消防計畫)の相違點」に対する解説がなされました。
 この後、自然災害BCP策定に取り組んだ事業所(知多福祉會 やまもも第一)擔當者の方より実踐報告をしていただきました。策定し終えた感想として、「事業所のスタッフ全員の意識が向上するとともに、近隣を含めた地域のつながりの必要性を痛感した」と報告がなされ、會場の參加者も大きく頷いていました。さらに、グループ別の意見交換を2セッション行う中で、先行して策定した事業所から支援物資?機材?人員等を. 輸送する際の災害時優先道路(緊急輸送道路)や災害想定の參考元の情報提供もあり、參加者同士で學びあう姿が見受けられました。
 これらの実踐報告を基に、新美綾子教授から、トイレや給排水などの衛生面や食料備品を含む管理栄養面に関する正しい知識について、情報提供いただきました。
 事後アンケートからも、「非常時の対応は改めて確認しなくてはならないことが多いことがわかった。このような研究會があるならまた參加したいと思います。」との期待を受けています。參加者のニーズをくみ取りながら、次年度につなげてまいります。

関連リンク

精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线